上海料理

特徴

蘇州、杭州、揚州など江南各地の料理を集大成したものが上海料理です。この地域は長江の下流で海に近く湖沼が多く、エビ、カニ、魚が豊富です。また、中国有数の米作地帯を控え、美味しい米と紹興酒などの産地もあります。

麺などの簡単な食事から発達した、コクがあって甘く、油けが多く、色が濃いうえ、ふっくらと煮込んだ柔らかさを持つ料理です。
コトコトと煮込んだ家庭料理が多いですが、早くから国際都市として栄え、外国の調理法の影響を受け、洗練された味が完成しています。

調理法

煮込む、多い汁で長く煮る、土鍋で煮るなどが中心。

代表料理

上海蟹[ ]、えんどう豆と海老の炒め物[青豆蝦仁 ]、シャオロンパオ[小篭包子 ]

コメントを残す