四川料理

特徴

物産豊富な「天府の国」・四川盆地にはぐくまれ、年中霧が立ち込める特殊な気候風土を背景として四川独特の麻辣の味が生まれました。麻は痺れるような山椒の味、辣は唐辛子の辛い味のことで、さらに油を大量に使った脂っこい味付けが特徴です。

四川料理の魂を決めるのは何と言っても豆板醤!それから椒麻醤や魚醤など、各種の調味料が奥深い複雑な辛さを生み出しています。シロキクラゲ、キヌガサダケは珍味。またザーサイなどの漬物も美味しい。

四川省は揚子江上流の、中国の穀倉地帯で材料には豚肉をはじめ牛肉、鶏、川魚や野菜を多く使う。また小吃菜(前菜一品料理)が多いのも特徴である。唐辛子をたっぷり入れるので料理の色は赤みがかかっています。

調理法

チリソース煮、辛し炒め、宮保という辛い炒め方、魚香という炒め方が多い

代表料理

麻婆豆腐、えびのチリソース[干焼蝦仁 ]、

コメントを残す