山東料理

特徴

明、清時代に宮廷料理の主流となった料理で、北京、天津、東北の各地の料理に対して大きな影響を与えました。清湯と呼ばれる澄んだスープや?湯と呼ばれるクリームスープが有名です。

肉や魚貝の臭みを取るために、香辛料をふんだんに使います。

調理法

煮炒め、遠火焼き、油炒め、揚げ物

代表料理

黄河鯉の甘酢炒め[糖酢黄河鯉魚 ]、燕の巣のコンソメ煮込み[清湯燕巣 ]、モツの香り炒め[九転大腸 ]

コメントを残す