江蘇料理

特徴

南北朝時代に発祥し、唐宋以降は浙江料理と覇を競って“南方食”の二大大黒柱となりました。蘇州、揚州、南京、鎮江の地方料理を中心に構成されています。

あっさりとした甘味のある塩味が特徴で、素材の味を生かした味付がされています。

調理法

煮込み、遠火焼き、蒸し焼き、油炒め

代表料理

清湯火方、塩水鴨、松鼠桂魚

コメントを残す