中国料理

世界に冠たる中国料理。
中国の魅力の一つはこの美味・珍味にあると言ってもいいかもしれません。
中国料理がこれほどまでに美味しいのは中国人の食にかける長く深いこだわりの歴史があるからです。
2200年前の戦国末期には、早くも秦の宰相・呂不韋が全国の食材を調査して「呂氏春秋」に記録させました。
それ以降、歴代の為政者は皆、食事に重大な関心を寄せてきました。
広い国土、古い歴史、様々な民族の交流により、料理人が腕を競い合い、これほどに多彩な中国料理を発展させたのです。
調理法、使われる食材や調味料などによって、多くの系統に分けられる中国料理は、代表的なものとして、中国八大料理[八大名菜 bā dà míng cài] とか、四大料理[四大名菜 sì dà míng cài] とか呼ばれる有名料理があります。

福建料理

特徴 福建料理は福建省?候県に起源を発し、福州、泉州、アモイなどの地方料理を代表…

山東料理

特徴 明、清時代に宮廷料理の主流となった料理で、北京、天津、東北の各地の料理に対…

四川料理

特徴 物産豊富な「天府の国」・四川盆地にはぐくまれ、年中霧が立ち込める特殊な気候…

広東料理

特徴 中国料理の中でも「食は広州にあり」と言われ、最も有名な料理として認識されて…

上海料理

特徴 蘇州、杭州、揚州など江南各地の料理を集大成したものが上海料理です。この地域…

北京料理

特徴 ベースは淡白な味の山東料理です。昔から北京のコックは山東省出身者が多く、彼…

中国の茶器

茶器、中国語では『茶具』といいます。古代には、中国でも『茶器』と呼ばれていました…

中国酒・黄酒

紹興酒 [浙江省] アルコール度数は17度前後。 浙江省で採れた糯米に紅麹を加え…

中国酒の種類

黄酒(黄酒) 主に米、麦、とうもろこしなどの穀物を原料に、麹の 力で糖化、発酵さ…