風水とは?

風水とは?

風水とは、天地のエネルギーである“気”の流れのことです。自然界には、この“気”が宇宙空間、地球、大地に降り注いでいます。

人々は良好な自然の中で暮らし、町や寺院、墓、家などをどのように造るべきかを“気”の流れによって追求してきました。その結果として、環境を整えること によって幸運を招く、『風水術』が誕生したのです。

『風水術』は古代中国で生まれ、早くから日本に伝わり歴史上、都市造りや建築に広く応用されました。

“気”とは?

『風水術』に限らず、古代中国の学問において“気”という概念は大変重要です。“気”には次のような意味があります。

空気、大気、天地間の自然現象
力、勢い、心持ち、飲用
身体の根源となる活動力、元気
万物生成の根源力
宇宙の蛮勇を生成する質量

さまざまな意味はありますが、これらは単独ではなく、全体でひとつの意味を表しています。

森羅万象の“気”

森羅万象は、それぞれ“気”を持っています。
『天』『地』『人』についてはそれぞれ次のような意味があります。

天から降り注ぐ“気”を天気と呼びます。これは空模様の天気とは別の意味です。

大地の“気”は『地気』と呼び、大地の精気という意味があります。

人が発する“気”は人気と呼び、“気”が強い人は世間から注目されます。
また、気功というのは、“気”をはたらかせる、あるいは“気”で動かすという意味です。

コメントを残す