WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
中国の経済全般
社会主義市場経済
国有企業
中央企業
郷鎮企業
外資企業
経済圏
 環渤海経済圏
 京津経済圏
 長江デルタ経済圏
 西部経済圏
 珠江デルタ経済圏
経済開放地域
 経済特区
 経済技術開発区
 沿海開放都市
 内陸開放都市
 ハイテク産業開発区
 ソフトウェアパーク
 光バレー
 上海浦東新区
 保税区
 輸出加工区
中国の株式市場
市場構成
中国株の指数
株式市場の開放
中国ビジネスデータ
ビジネスデータ
省別優遇政策
 
長江デルタ経済圏
■流行、情報の発信基地、金融、商業の中心地
  1. 国家発展戦略の要として、上海浦東新区を中心に、多国籍企業や重点産業の外資導入に力を入れている。
  2. 製造・R&D(研究開発)・販売の3拠点としての機能を有し、金融・商業の中心地、流行・情報の発信基地としても発展している。
  3. 「火炬(たいまつ)計画」と呼ばれるハイテク産業育成計画の重点地域でもある。
  4. 人的資源面では海外留学経験者が多く、国際市場のルールを熟知し外国語に精通している高いスキルをもった人材が多いという特徴がある。
■インフラ状況
  1. 高速道路整備が進んでおり、上海を中心に200km圏内が1時間で結ばれ、空港も全4ヶ所と国内外との交通網が整備されている。
  2. 上海市が発表した軌道建設計画では、第十次五カ年計画の期間中に約1000億元を投資して、快速鉄道、地下鉄、軽軌道の3種類で結ぶ、総延長200km、10本の軌道交通を建設予定。
  3. 物流関連企業は日系企業が上海市内に24社、江蘇省に9社、浙江省に2社ある。
■今後の発展
  1. 国内最大の消費市場として小売、サービス業の分野での市場競争が激化する。
  2. とくに上海では外食消費の増加、ライフスタイル重視の消費がキーワードになる。
  3. 南京-無錫-蘇州ラインが「火炬計画」の重点地域として発展する。