WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
中国の経済全般
社会主義市場経済
国有企業
中央企業
郷鎮企業
外資企業
経済圏
 環渤海経済圏
 京津経済圏
 長江デルタ経済圏
 西部経済圏
 珠江デルタ経済圏
経済開放地域
 経済特区
 経済技術開発区
 沿海開放都市
 内陸開放都市
 ハイテク産業開発区
 ソフトウェアパーク
 光バレー
 上海浦東新区
 保税区
 輸出加工区
中国の株式市場
市場構成
中国株の指数
株式市場の開放
中国ビジネスデータ
ビジネスデータ
省別優遇政策
 
中国の中央企業
■中央企業とは
 国有企業の中でも国有資産監督管理委員会(国資委)直属で、著名な大手企業など中国経済をリードする企業が含まれている。
 2004年上半期の利益総額は、前年同期比38.6%増の2254億3000万元。業界別の中央企業の利益総額の伸びは、交通運輸業が3.44倍、鉱業が約倍増、冶金(やきん)が96.4%増、石油・石油化学業が30.2%増、電力業が17.3%増。
 2004年7月12日に、米フォーチュン誌が発表した「フォーチュン500」には、中国の中央企業8社がランクインしている。

■「フォーチュン500」にランクインした中央企業
企業名 順位 売上高(億米ドル)
国家電網公司 46 583.5
中国石油化工集団公司 53 550.6
中国石油天然気集団公司 73 470.5
中国移動通信集団公司 242 207.6
中国電信集団公司 257 194.6
中国中化集団公司 270 188.5
上海宝鋼集団公司 372 154.4
中国粮油食品進出口(集団)有限公司 415 132.9

■中央企業改革
中国政府が進めている中央企業改革は、主に国務院国有資産監督管理委員会(国資委)が中心となって進めている。最近発表されている、具体的な改革方針には次のようなものがある。

国有企業の財務チェック:
「企業国有資産監督管理暫行条例」と関連規則の規定に基づき、企業の国有資産に対する監督管理の基本作業を強化しており、「国有企業清産核資弁法」(国有企業の資産整理資金検査方法)に基づいて中央企業(国資委が直接管理する国有企業)に対する全面的な資産チェックや会計検査が、2004年10月に終了する予定。
中央企業に新たな「企業会計制度」の導入を促し、企業会計の正規化を図るというもので、中央企業の財務決算と監査管理の強化や、財務情報の正確性・信頼性などを向上させ、企業の財務状況に対するモニタリングを改善する。
国有資産の財産権の判定、登録、譲渡、処分、財産にかかわるトラブルの調査・対処なども強化している。
戦略投資家や民間資本の導入:
優良国有企業の再編上場に、戦略投資家や海外の同業企業、国内の民間資本の参入を推進している。
優良業界の企業の再編上場を実施、次に上場企業の増資などで規模を拡大し、合併や買収などの方法で30-50の国際競争力を有する大型企業グループを形成、中央企業同士の合併再編にも重点を置いている。
経営陣削減:
2005年をめどに中央企業の経営陣を3階級まで整理する。
このうち、規模の比較的小さい企業については、2階級まで、特に規模の大きな企業、または特殊な業界など特別な状況の企業については最高で4階級以内。
中央企業同士の資産再編:
買収、資産(株式)の交換、株式の持ち合い、資産の無償譲渡などの形で再編を進める。
地方管轄の国有企業との間でもこうした資産再編を認める。
企業文化の確立:
2007年前後までをめどに、改革開放と社会主義市場経済の発展に即した、中央企業の特色を生かした企業文化を確立する。
企業イメージの向上を通して企業ブランドを打ち出し、市場における影響力と競争力を強化する。
■中央企業のリスト
中国の中央企業のリストはこちら