中国まるごと百科事典トップページへ戻る

少数民族一覧
アチャン族(阿昌)
イ族(彝)
ウイグル族(维吾尔)
ウズベク族(乌孜别克)
エヴェンキ族(鄂温克)
オロチョン族(鄂伦春)
回族
カオシャン族(高山)
カザフ族(哈萨克)
キルギス族(柯尔克孜)
コーラオ族(仡佬)
サラ族(撒拉)
ジーヌオ族(基诺)
シェ族(畲)
シボ族(锡伯)
シュイ族(水)
ジンポー族(景颇)
ジン族(京)
タイ族(傣)
タジク族(塔吉克)
タタール族(塔塔尔)
ダフール族(达斡尔)
チベット族(藏)
チャン族(羌)
朝鮮族
チワン族(壮)
トウチャ族(土家)
トウ族(土)
トーアン族(德昂)
トールン族(独龙)
トンシャン族(东乡)
トン族(侗)
ナシ族(纳西)
ヌー族(怒)
パオアン族(保安)
ハニ族(哈尼)
プイ族(布依)
ブーラン族(布朗)
プミ族(普米)
ぺー族(白)
ホジェン族(赫哲)
マオナン族(毛南)
満州族
ミャオ族(苗)
メンパ族(门巴)
蒙古族
モーラオ族(仫佬)
ヤオ族(瑶)
ユイグー族(裕古)
ラフ族(拉怙)
リス族(傈僳)
リー族(黎)
ローバ族(珞巴)
ロシア族(俄罗斯)
ワー族(佤)
民族名 ペー族 白 bái
人口 159万4827人。チベット系。
居住地域 主に雲南省大理ぺー族自治州に居住し、その他は雲南省各地と貴州省の畢節地区、四川省の涼山イ族自治州、湖南省の桑植県に分布している。
言語 漢・チベット語系、チベット・ミャンマー語派、イ族語分支に属するぺー族の言語を使用し、南部、中部、北部の3つの地区の方言がある。大多数のぺー族の人たちは自民族の言語を使用している。漢語にも精通している。

ペー族は、古代羌人を祖先に持つ。蒼山・アルカイ湖遺跡、海門口遺跡によって、新石器時代以前からアルカイ湖地区で生活していたことが明らかになっている。
研磨石器を使い、簡単な農業、牧畜業、漁業、狩猟にたずさわり、穴居生活をおくっていた。 2000余年前から金属の道具を使い始め、農業、牧畜業を発展させた。

西暦2世紀に、漢の武帝が蒼山・アル海湖地区に郡県を置いた。8世紀頃、この一帯には前後して族、ぺー族の先住民を主体とする奴隷政権「南詔国」とぺー族を主体とする封建領主制政権が現れ、フビライ率いるモンゴル軍に滅ぼされるまで300年間「大理国」として栄えた。

女性たちは絹のスカーフ、エプロン、両側が長く前後が短い長袖シャツに赤や黒の短い袖なしの上着、幅広のズボンに刺繍の布靴という格好をしている。既婚者は藍色か黒のシャツにエプロン、幅広のズボン。洋服のどこかに必ず黒、赤、白の3色が入っているので「カササギ」に例えられている。

ペー族でよく食べられているのは『拉皮(lā pí)』という麺で、白菜、羊肉、香菜、唐辛子、にんにく、酢が入っている。
来客のあるときには、表面だけを火であぶった皮付きの豚肉を薄切りにして、しょうが、ねぎ、にんにく、酢であえたご馳走が振舞われる。
その他には牛乳にヨーグルトを混ぜて火にかけ、固まらせたものを油で揚げて食べる、『乳扇』というチーズのようなものがある。

三月街(さんがついち)は、大理で1000年以上も続く祭り。別名観音節とも言われ、毎年旧暦3月15日に始まり期間は1週間。近郊からも少数民族が集まり、大変にぎやかなバザール。龍踊り、競馬、掛け合いの歌合戦などが行われる。

ペー族の若い男女はたいてい夜に行われる映画の上映の日に結婚相手を探す。互いに気に入ればよく、仲人を立てて農閑期に結婚式が行われる。
花嫁衣裳が変わっていて、赤、ピンク、黄色などの色鮮やかなポンポンを積み重ね、ビーズで飾り立てた帽子のようなものをかぶる。ドレスもショッキングピンクで、その上、サングラスをかけ首からは鏡をぶら下げている。

ペー族の民族建築は、白壁と青い瓦が特徴。各家には、色鮮やかな彫刻が施された“門楼”がある。
 
※写真をクリックすると大きい写真を見ることができます
■ペー族の住居 ■門楼 ■壁の彫刻
ペー族の住居 ペー族・門楼 ペー族の住居・壁の装飾