WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 プイ族 布依 bù yī
人口 人口約255万人。チベット系。
居住地域 主に貴州省の南部と南西部の2つの布依族苗族自治州、鎮寧、関嶺、紫雲などの自治県、華節、遵義、黔東南などの地区に居住。一部は雲南省、四川省、広西壮族自治区にも居住。
言語 漢語チベット語系壮・語派壮・語分支に属する布依語を使用。3つの方言がある。自民族の文字はなく、ローマ字を基礎とする布依族の文字も創られたが、漢語も使う。

プイ(布依)族は、壮族同様 “百越(古代の江蘇、浙江、福建、広東一帯に分布していた)” が民族の祖先と考えられているが、前漢の夜郎国(夜郎自大(「史記」の中に出てくる話で、漢代に夜郎国が漢の強大さや、進んだ文化を知らずに自分の勢力を誇ったところから、世間知らずで、自分の力量を知らずに狭い仲間内で威張ること。)という諺の由来となった国。)とのルーツの関連性も言われている。

“布依”、“布越”と自称するものや、“布曼”と自称するものがおり、新中国建国後、“布依”に統一された。

プイ(布依)族は、現在でも古代越人の風俗習慣を残しており、欄干式の家屋や銅製の太鼓などに特徴が残っている。

プイ(布依)族は、古くから水稲栽培に従事し、ろうけつ染めにも長じている。このろうけつ染めは、“布依錦”と呼ばれる布依族独特の錦織と共に国内外で有名で、近年では東南アジア、日本、欧米にも販路を持っている。

プイ(布依)族は、口承文学や山歌などの文化に富み、春節や端午節など通常の祝日のほかに、“ニ月ニ”、“三月三”、“四月八”、“六月六”といった民族色豊かな祭日も伝統的に残っている。
舞踊も、《鼓舞》、《布舞》、《子舞》、《糖包舞》など多彩で、民族楽器は唢呐、月琴、洞、木叶、笛子など。

プイ(布依)族で日常的によく食べられている、“塩酸”と呼ばれる漬物が広く知られている。

■プイ(布依)族の住居その1 ■プイ(布依)族の住居その2
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族