WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 トーアン族 德昂 dé áng
人口 人口1万5462人。モン・クメール系。
居住地域 主に雲南省族景族自治州の西県と臨滄地区鎮康県及び盈江、瑞麗、隴川、保山、梁河、龍陵、耿馬等に居住している。そのうち尊西県三台山と鎮康県軍弄などに集中的に居住している。
言語 南アジア語系佤・德昂語派に属する德昂語を使用。納盈、布雷、若買の3方言に分かれている。大部分は族の言葉、中国語あるいは景族の言葉に精通している。自民族の文字がなく、中国語あるいは族の文字を使っている。

民族的には族に近いが、文化的には同地域の族の影響を強く受け、楽器なども共通する。
トーアン(德昂)とは、切り立った崖と言う意味がある。

トーアン(德昂)は、もともと“崩龍族”と言い、中国南西部辺境で最も長い歴史をもつ少数民族の1つ。古代の濮人をルーツとし、哀牢と密接な関係がある。
紀元前2世紀頃に、怒江両岸一帯に居住し、かなり早くから保山、徳宏一帯の開発にたずさわった。
史書に記載されている茫蛮部落が德昂族の祖先と考えられている。
隋・唐の時代に“茫蛮”、“橡子蛮”、“望苴子蛮”と呼ばれ、前後して漢、晋王朝および南召、大理国に従い、元代以降タイ族土司の所属民になった。
1985年9月に、現在の トーアン(德昂)という名称が正式に採用された。


トーアン(德昂)は、古来、濃茶を飲む習慣があったため茶の栽培に長けており、“古老茶農”と呼ばれている。
主に農業に従事し、水稲、トウモロコシ、蕎麦、イモ類を栽培している。その他竹や茅のカゴ製品の製作と野生植物の収集にも長けている。銀細工は彼らの伝統工芸として有名。

トーアン(德昂)族の民族衣装は非常に特徴的で、毛糸細工の飾りを男性は両肩や胸、女性はスカートの裾や首周りにつける。また、既婚女性は銀細工の胸当てを身につける習慣がある。

トーアン(德昂)は、小乗仏教を信仰している他、龍神信仰もあり、一般的に春先に龍を祭る儀式を行う。

■ トーアン(德昂)の住居
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族