WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 トールン族 独龙 dú lóng
人口 人口5816人。チベット系。
居住地域 雲南省西北部の怒江傈僳族自治州、貢山独龍族怒族自治県の独竜江流域の渓谷地帯に居住。
言語 漢・チベット語系チベット・ミャンマー語派に属する独龍語を使用。自民俗の文字はない。

トールン(独龙)族は、かつては統一した名称がなく、居住地域周辺の名称をとって“独龍”、“迪麻”などと自称していた。
『大元一統志』に初めて独龍族の名称が現れ、明清代には“曲”、“曲人”と呼称されていた。
新中国成立後“独龍”という名称に統一された。

トールン(独龙)族は、20世紀中頃までは、その居住地が陸の孤島ともいうべき隔絶された場所であったため、その生活様式は原始社会の名残を色濃く残すものであった。

トールン(独龙)族は、大部分は狩猟と採集、焼き畑農業を主な生活手段としており、衣服も麻布や毛皮といったものしかなかった。
近年では手工芸が盛んで、特に“独龙毯dú lóng tǎn)”という織物が有名。
独龙毯
トールン(独龙)族は、現在でも原始社会末期の父系家族公社の特徴を保っている。女性は、1950年代までは、顔面に入れ墨をする風習が残っていたため、現在でも年配の女性には、“文面”という入れ墨が見られることがある。

トールン(独龙)族は、お客を招くことを非常に好み、通りすがりの見知らぬ人でも家に招き歓迎する。
また、信義を重んじる質素倹約な道徳意識を持っており、“道に落ちているものでも拾わず、夜間でも戸締りをしなくていい”というのが彼らの美徳として現在でも残っている。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族