WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 ホジェン族 赫哲 hè zhé
人口 人口4245人。ツングース系。
居住地域 主に黒竜江省饒河県、撫遠県両県の街津口、四排、八岔の3つの 民族郷に集中して居住している。
言語 アルタイ語系満州・ツングース語派満州語分支に属する赫哲語を使用。奇楞と赫真という二つの方言がある。今では50代以上の人たちだけが赫哲語を話すことができ、その他の人たちは漢語を使う。 自民族の文字は持たず漢字を使用。

赫哲族の祖先はかなり早くから黒龍江、松花江、ウスリー川といった3つの河の流域で暮らしていた民族で、北海付近から南下してきた。

隋、唐代には“黒水”と呼称され、遼、金代には五国部に所属し、明代には女真の一分支であった。
清代初期の頃、その居住地区から“呼而哈部”、“集部”、“瓦喀部”、“使犬部”、“薩哈連部”と呼称された。同時期に“赫哲”という呼び方も文献に見られる。

20世紀初めにはまだ原始社会の末期父系氏族の段階にあり、木を削り、革を裂き、縄を結んで物事を記録していた。

第二次大戦終了時には、戦争の被害を受けたために、人口が300人余りに激減した。

主に漁業に従事していたが、近年では農業、養殖業なども行っている。

“拉拉飯”と呼ばれるトウモロコシの粥や“莫温古飯”と呼ばれる魚を入れた粥、“他勒卡”という刺身や“它斯恨”と呼ばれる魚肉のでんぶが有名。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族