WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 満州族 满族 Mǎnzú
人口 982万1180人。
居住地域 満州族は全国各地に分布し、その中でも遼寧省が最も多い。
言語 アルタイ語系、満州・ツングース語派、満州語分支に属する満州語を使用している。

南、北2種類の方言がある。漢民族とともに生活し、密接に触れ合っているため、今の満州族は中国語を使うようになり、ただごく少数の辺鄙な満州族が集まって居住している村では、少数の年寄りが満州語を使っている。

16世紀末、モンゴル語を基礎とした満州語を作られた。

満州族は長い歴史をもつ民族で、その祖先は2000前の粛慎人までさかのぼることができる。
漢代には「挹婁」、北朝期には「勿吉」、隋唐代には「靺鞨」と呼ばれ、その後北宋・明代に女真族へと発展した。従来、長白山以北の黒竜江の中・下流、ウスリー川流域の広大な地域で生活していた。

1583年、建州女真族の首領であったヌルハチが女真族の各派を統一し、八旗制度を創設し、1616年に金王朝を建国した。八旗制度は政治、軍事、生産という三つの面の職能を持ち、満州族社会の根本的な制度となった。

その後満州語を作り、1635年に、民族の呼称を「満州」とした。

1636年には皇太極が帝となり、国号を清と改称した。

1644年、清の軍隊が山海関の内側に入り、政権を奪取し北京に首都を定めた。

1911年の辛亥革命以後、満州族と称されている。

満州族は学問を重視する傾向があり、文人も多く輩出している。

満州族独特の民族衣装に“旗袍”がある。これは、ヌルハチが八旗制度を制定した際に“旗人”の公式装束として定められたため、この名前がついた。清代の宮廷料理として、“満漢全席”も有名。

満州族の人たちはかつて多くの神を祭るシャーマニズムを信奉していた。今ではシャーマニズム信仰はもう残っていない。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族