WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 ミャオ族 苗 miáo
人口 人口739万8035人。
居住地域 主に貴州省南部、広西壮族自治区の大苗山、雲南省、四川省、湖南省、湖北省、広東省などに居住。
言語 漢・チベット語系苗・瑶語族苗語派に属する苗語を使用。湘西(湖南西部)、黔東(貴州東部)、川黔(四川・貴州・雲南の境界地域)の3大方言がある。従来自民族の文字がなかったが、1956年ローマ字を基にした文字が作られた。

苗族の歴史は古く、その祖先は殷・周代の“zōng)”人と考えられている。
秦・漢代にはすでに湘西(湖南西部)、黔東(貴州東部)一帯に定住しており、その後西南地域の各山間部に広がった。
また、四川省、貴州省、湖南省の苗族は、神話において黄帝と戦って敗れた、“蚩尤”を祖先としている。
紀元前2世紀にはすでに現在の居住地に定住していた。なお海南島の苗族は16世紀に広西壮族自治区から兵役で赴いた人たちの子孫である。

苗族は“牡”、“蒙”、“毛”、“果雄”、“帯叟”などと自称しており、また一部の地方ではその住んでいる土地、服飾などによって、“長裙苗”、“短裙苗”、“長角苗”、“赤苗”、“黒苗”など異なった名称が用いられている。

銀の飾りを多用した民族衣装、歌垣や竜船競渡などで有名。祭りには大小の芦笙が登場する。

主に陸稲やトウモロコシの栽培に従事し、麻などの経済作物とサンシチニンジン、オニノヤガラ、杜仲などの貴重な漢方薬材の栽培にもたずさわっている。
紡織、ろうけつ染め、刺繍、首飾りなどの工芸品は内外に広く知られている。中でもろうけつ染めは1000年以上の歴史がある。
また民族衣装も130種類以上あり、世界でも類を見ない多さとなっている。

大部分は歌舞に長じており、旧暦6月6日の“採山花”は最大の祝日で、青年男女が歌のやりとりで伴侶を選び、芦笙舞を踊る。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族