WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 ヌー族 怒
人口 人口2万7123人。チベット系。
居住地域 主に雲南省怒江傈僳族自治州の滬水、福貢、貢山の三県に居住しており、一部が蘭坪普米族自治県の兎峨郷にも居住している。
言語 漢・チベット語系チベット・ミャンマー語族に属する怒語を使用。各地によって方言が大きく異なり、互いの交流が不可能。自民族の文字がなく、ほとんどの場合は漢語が使われている。

怒族は怒江、瀾滄江の両岸一帯で生活する古い歴史をもつ民族の一つで、二つの異なるルーツを持っている。
福貢、貢山一帯に居住する人たちは、この辺りの最も古い土着民で、“阿怒”、“阿竜”と自称しており、碧江、瀘水に居住している人たちは、麗江、剣川の東から移住して来たもので、“怒蘇”と自称し、涼山の族と深いつながりがある。
長期にわたる交流と融合を経て、怒江地区における一つの民族が形成されるに至った。

20世紀中頃まで、一部地区の人たちは原始共同体の生活様式を保ちつづけていた。

主に農業と手工業に従事している。

怒族の人はかつては万物に霊魂があるとする原始宗教を信仰していたが、19世紀末からキリスト教の布教が始まり、現在も信者が多い。

毎年旧暦の3月15日は“鮮花節”という怒族の伝統的な祝日で、それぞれ自分で決めた鍾乳洞を“仙女洞”に見立ててご馳走と花束を供えて伝説の美女“阿茸”を祭る。阿茸は聡明で勤勉な少女で貢山一帯を開墾したが、旧暦3月15日に貢山の洞で山賊に殺されたという言い伝えがあり、これを紀念してこの日が“鮮花節”となった所以がある。

蜂蜜を入れて煮込んだ“咕嘟gūdū)酒”は怒族独特の酒で日常的によく飲まれている。
その他“漆油焖鸡qī yóu mèn jī)”、“羊肚(shāo yáng dù)”、“漆油茶(qī yóu chá)”などの民族食がある。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族