WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 サラ族 撒拉 sā lā
人口 8万7千人。トルコ系。
居住地域 主に青海省の循化サラ族自治県、甘粛省の積石山保安族・トンシャン族・サラ族自治県及びその付近の地区に居住している。その他は青海、甘粛、新疆などの地区に分散して居住。
言語 アルタイ語系チュルク語族西フン語派に属するサラ語を使うが、大多数の人は中国語も使用。
自民族の文字はない。

サラ族サラ族の祖先は中央アジアのサマルカンド人とされており、元代に新疆を経て青海省循化地区に定住することになった。

また、11世紀頃トルクメン族またはオグズ族の一部族であるサルルが、セルジューク朝のオグズ族分散政策によって13~14世紀に東方に移動した、とする説もある。

『循化誌』には、明代洪武年間(1370年代)に、サラール土司が明王朝に服属したという記述を見出すことができる。

漢、チベット、回などの民族との混血が進み、独自の民族としてのサラ族が形成された。

自民族のことを“撒拉爾”と称しており、漢語の史籍では“撒刺”、“沙喇”、“薩拉”“撒拉回”などと称されてきた。

主に農業に従事し、小麦、ソバ、粟、ジャガイモ、大豆、唐辛子などを栽培し、また、果樹園の経営にも優れている。牧畜業も盛ん。

中央アジアのチュルク系集団と同様、宗教はスンニー派のイスラム教を信仰している。

サラ族の男性はあごひげを蓄え、黒または白の円形の帽子をかぶり、白いシャツに青いベスト、女性は頭にスカーフ、金銀のイヤリングやブレスレットなどのアクセサリーをつけている。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族