WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 シェ族 畲 shē
人口 63万378人。チベット系。
居住地域 主に福建、広東の二省および広西自治区の境界地帯と福建、浙江2省の境界地帯に居住。
言語 漢・チベット語系苗・瑶語族に属するシェ語を使用。2種類の方言がある。自民族の文字はない。

シェ族”は焼き畑農法で開墾し耕作するという意味。

シェ族の歴史は長く、西暦7世紀頃には既に福建、広東、江西3省の接する地域に定住していた。当時は“蛮”、“蛮僚”、“蛮”などと呼ばれ、南宋の頃にシェと称されるようになった。

自民族の発祥の地を広東省潮州の鳳凰山としており、先祖崇拝が盛ん。

小人数グループで居住し、主に農業に従事している。水稲栽培のほか、茶、サトウキビ、ラミー材などを栽培している。また、絹製の組みひもや竹細工も有名。

食べると蟻から身を守るという言い伝えがある“烏飯”(烏飯樹=シャシャンボの木:葉を米と一緒に炊くとご飯が黒くなる。)や、“豆腐”と呼ばれる豆腐料理が有名。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族