中国まるごと百科事典トップページへ戻る

少数民族一覧
アチャン族(阿昌)
イ族(彝)
ウイグル族(维吾尔)
ウズベク族(乌孜别克)
エヴェンキ族(鄂温克)
オロチョン族(鄂伦春)
回族
カオシャン族(高山)
カザフ族(哈萨克)
キルギス族(柯尔克孜)
コーラオ族(仡佬)
サラ族(撒拉)
ジーヌオ族(基诺)
シェ族(畲)
シボ族(锡伯)
シュイ族(水)
ジンポー族(景颇)
ジン族(京)
タイ族(傣)
タジク族(塔吉克)
タタール族(塔塔尔)
ダフール族(达斡尔)
チベット族(藏)
チャン族(羌)
朝鮮族
チワン族(壮)
トウチャ族(土家)
トウ族(土)
トーアン族(德昂)
トールン族(独龙)
トンシャン族(东乡)
トン族(侗)
ナシ族(纳西)
ヌー族(怒)
パオアン族(保安)
ハニ族(哈尼)
プイ族(布依)
ブーラン族(布朗)
プミ族(普米)
ぺー族(白)
ホジェン族(赫哲)
マオナン族(毛南)
満州族
ミャオ族(苗)
メンパ族(门巴)
蒙古族
モーラオ族(仫佬)
ヤオ族(瑶)
ユイグー族(裕古)
ラフ族(拉怙)
リス族(傈僳)
リー族(黎)
ローバ族(珞巴)
ロシア族(俄罗斯)
ワー族(佤)
民族名 シュイ族 水 shuǐ
人口 約35万人。チベット系。
居住地域 主に貴州省三都シュイ族自治県に集中して住んでおり、その他は近くの茘波、独山、都匀、榕江、従江などの県および広西チワン族自治区の融安、南丹、環江、河池などの県に分布している。
また一部は雲南省の富源、彝良にも居住している。
言語 漢・チベット語系、チワン・語派、・水語分支に属するシュイ語を使っている。
陽安、潘、三の3種の方言がある。
約400字余りからなるシュイ書という文字を持ち、少数の祈祷師だけに伝承されてきた。

シュイ族古代の“駱越”という支系をルーツとし、唐・宋代には族などと共に“僚”と呼ばれていた。北宋時代に水州が設けられ、その所以からシュイ族と呼ばれるようになった。明代の史書の中に水族の称呼が見られる。自民族を水の中の人と言う意味の“海水”と称している。

シュイ族は独自の暦“水暦”を持ち、旧暦の9月が新年にあたる。正月は“借端”と言い、族などに共通する銅鼓と呼ばれる独特の楽器を打ち鳴らし、競馬や踊りで楽しむ。

農業、特に水耕栽培に従事している。

シュイ族が常食するものに“酸湯”というスープがあるが、その種類は豊富で、“辣酸(唐辛子を使う)”、“毛辣酸(トマトを使う)”、“魚酸(魚と川蝦を使う)”、“臭酸(豚骨と牛骨を使う)”などがある。

最もよく食べられる“辣酸”は、粉末にした唐辛子に大量の甘酒を加え、壷に入れて密封し、発酵させたもので、食用時には白菜や青菜、韮などと共に煮て作る。