WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 トウ族 土
人口 19万2568人。モンゴル系。
居住地域 主に青海省東部の湟水以北、黄河両岸一帯および隣接する地域に居住し、大部分が青海省互助土族自治県と周辺の民和、大通、同仁などの県に集中して住んでいる。少数が甘粛省天祝チベット族自治県に居住。
言語 アルタイ語系蒙古語族に属する土族語を使用し、互助と民和、同仁の3種類の方言がある。独自の文字はないが、大部分が漢字、チベット文字を使っている。1979年代にラテン文字をもとにした土族の文字を新しく作りテスト中。

土族は、かつては“蒙古”、“蒙古孔”と呼称し、蒙古族と区別する場合は“ツァハン蒙古(白蒙古人)”と自称した。
近隣に居住するチベット族に“ホール”(チベット北部の遊牧民族に対する通称)と呼ばれていた。
土族の間では、祖先はモンゴル人と現地のホール人との結婚により生まれたとする伝説を持っている。

ホールは4~7世紀、現在の青海省に勢力を持った国“吐谷渾”の一集団であり、西晋時代末、遼東の鮮卑系の部族に源を発している。

彼らは甘粛省や青海省まで西へ移動し、当地の先住部族を征服し、吐谷渾国を建てた。

吐谷渾国はのちに吐蕃王国に滅ぼされたが、一部の人々はチベット族に溶け込み、浄水流域に居留して、その地の吐谷渾人やモンゴル族、漢族と雑居し、融合するなかで、明代末期から清代初期にかけて、徐々に土族を形成した。

土族の多くは山間支谷沿いに集落を形成し、主にハダカムギ、粟、小麦などを栽培し、羊の牧畜にも従事している。

声を高らかに響かせる“花儿”など民歌の伝統を有する。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族