WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 ワ族  
人口 人口は35万1974人。
居住地域 主に雲南省の西盟、蒼源、孟連の3県と周辺の山間部に集中して住んでいる。
言語 南アジア語系、・德昂語分支に属するワ()語を使用している。“布克”、“”、“阿”の3種の方言がある。もともと文字がなかったが、1957年にラテン語文字を原形としてワ()族の文字をつくった。

ワ()族は、西盟県の西約60キロの阿佤山にある洞窟から祖先が生まれ出たという“司崗里”という伝説がある、歴史の長い民族。ここは以前は穴居生活をしていたワ()族の聖地とされている。なお、ワ()とは、“山の中で暮らすもの”という意味がある。

文献では、周・秦代には“百濮”の一支族で、漢代には“濮水”、唐代においては“濮子蛮”、宋代においては“濮蛮”、明代においては“古刺”、清代においては“刺”、“哈瓦”と呼ばれたことが記録されている。
地元の族はワ()族を“卡佤”と呼ぶが、“”はタイ語の中では“奴隷”の意味で、侮辱的な呼称とされている。

ワ()族の人たちは万物に魂があるとする自然宗教を信仰している。

檳榔の実を噛み、歯を黒く染める風習がある。また酒がなくては礼儀を欠かすといって、欠かすことのできないもので、竹の筒に入れて飲用する。

歌舞に長けており、“圓圏舞”や“舂碓舞”などが有名。

農業と養蜂に従事していることが多く、ミツバチのさなぎは食用にする。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族