WEB上で中国のことがまるごとわかる中国百科事典を目指して開設しました。
まだまだ成長中のサイトなので、未完成のコンテンツが沢山あります。
これを早く作って、などのリクエストはこちらまでお願いします。
 |中国概要 | 中国経済 | 中国歴史 | 中国文化 | 中国民族 | 中国料理 | 中国医学 | 中国旅行 | 中国語 | About | Home |
民族性
出身省別性格
少数民族
少数民族紹介
祭・風習
各地の年中行事
二十四節気
風習
伝統住宅
華北の伝統住宅
華南の伝統住宅
華東の伝統住宅
西北の伝統住宅
西南の伝統住宅
民族名 チワン族 壮 zhuàng
人口 人口は1548万9630人。少数民族の中で人口の最も多い民族。
居住地域 主に広西壮族自治区、雲南省の文山壮族苗族自治州に居住し、一部が広東省、湖南省、貴州省、四川省などに散在している。
言語 漢・チベット語系の壮・語族壮・語分支に属するチワン(壮)語を使用。南北二大方言に分かれる。南宋の時代に漢字をもとに独自の文字がつくられたが、標準にはならなかった。1955年にはローマ字をもとにしたチワン(壮)語の文字が作られた。現在、チワン(壮)族はほとんど漢語(中国語)を使用している。

チワン(壮)族は中国嶺南地区(広東・広西の地を指す)の原住民族として長い歴史を持っている。

中国古代“越”民族が南下して土着したもので、春秋戦国の頃は百越の一部であった。当時は“布壮”、“布土”、“布儂”、“布曼”、“布雅依”等20余りの自称があった。

唐、宋代に入って“リニャオ”と呼ばれ、周を牽制するために壮族を統治した。

宋朝以降においては、“僮”、“土”などの呼称で史書に記載されている。

元、明、清の中央王朝時代に入ってからは、チワン(壮)族地区に土官制度を設置して土官(その民族出身の管理)達に各種特権を与え経済の統治を結合させることでチワン(壮)族地区の統治を強化して封建領主制社会を長期間維持できるようにした。

新中国の成立後に“僮”に統一した。1964年、周恩来の提案により、国務院の認可を得て、“僮”を“壮”と改称し現在に至っている。また、1958年3月15日、広西チワン(壮)族自治区が発足した。

3月3日はチワン(壮)族の伝統的な祝日で、この日は“歌とは定期的な市という意味)”と呼ばれる歌の祭りが行われる。チワン(壮)族は歌が好きで、広西チワン(壮)族自治区は“歌の海”と言われている。

主に米やトウモロコシの栽培を主とする農業に携わる。また、“壮錦”はチワン(壮)族の伝統的な手工芸品で、海外にも名を知られるほどの特産品である。

中国の古代青銅文化の逸品である銅鼓は、広西チワン(壮)族自治区で500余りが発掘されており、現在でも祝日やイベントの際には使用されている。
少数民族一覧
アチャン(阿昌)族
イ(彝)族
ウイグル(维吾尔)族
ウズベク(乌孜别克)族
エヴェンキ(鄂温克)族
オロチョン(鄂伦春)族
回族
カオシャン(高山)族
カザフ(哈萨克)族
キルギス(柯尔克孜)族
コーラオ(仡佬)族
サラ(撒拉)族
ジーヌオ(基诺)族
シェ(畲)族
シボ(锡伯)族
シュイ(水)族
ジンポー(景颇)族
ジン(京)族
タイ(傣)族
タジク(塔吉克)族
タタール(塔塔尔)族
ダフール(达斡尔)族
チベット(藏)族
チャン(羌)族
朝鮮族
チワン(壮)族
トウチャ(土家)族
トウ(土)族
トーアン(德昂)族
トールン(独龙)族
トンシャン(东乡)族
トン(侗)族
ナシ(纳西)族
ヌー(怒)族
パオアン(保安)族
ハニ(哈尼)族
プイ(布依)族
ブーラン(布朗)族
プミ(普米)族
ぺー(白)族
ホジェン(赫哲)族
マオナン(毛南)族
満州族
ミャオ(苗)族
メンパ(门巴)族
蒙古族
モーラオ(仫佬)族
ヤオ(瑶)族
ユイグー(裕古)族
ラフ(拉怙)族
リス(傈僳)族
リー(黎)族
ローバ(珞巴)族
ロシア(俄罗斯)族
ワー(佤)族