気・血・水(津液)

気・血・水(津液)とは?

「気」は人間の生命活動を維持する力です。「血」は各臓器や組織に栄養分を与え、「水(津液)」は全身を潤します。「血」は「気」によって全身を巡り、「気」は「血」から栄養分を与えられてその力を発揮します。

気とは人体の構成と生命活動の最も基本となるものであり、人体の構成成分を陰陽に分けたときの陽の部分の代表です。
人体の気はいろいろありますが、基本になるものは元気(原気、真気ともいわれる)です。
元気とは、父母から受け継いだ生まれながらの先天の気、食べたものが吸収され運化されてできる水谷の気、口鼻より吸入される自然界の空気を総合して言います。

気の働き

推動作用 身体のあらゆる生理活動、例えば、血液循環や新陳代謝を促進する働き。
温煦作用 体を温め、機能を活発化して、体温を正常に保つ働き。
防御作用 身体の外表面を守り、外部から邪気の侵入を防ぐ働き。
気化作用 血や水(津液)の生成と、水(津液)の代謝および汗や尿への転化をコントロールする働き。
固摂作用 血・汗・尿などがもれるのを防ぐ働き。

気の病証

気虚 全身あるいはある臓腑機能の衰退の証候。
めまい、気力や元気がない、消化不良、自汗(じっとり汗をかく)、汗症、活動した後それらがひどくなる、舌淡(赤味がうすく淡い色)。
気陥 気虚の一種で、気力が無く、上に挙げる力がなく下垂した証候。
めまい、息切れ、腹部下墜感、脱肛、子宮下垂、舌淡苔白。現代医学の胃下垂、腎下垂、子宮脱垂、脱肛など。
気滞
(気鬱)
人体のある部分やある臓腑の気が阻滞し、運行が不利になった証候。
つまって脹ったような感じで痛みがあります。
気滞は各臓腑に生じます。
たとえば肝気鬱結が代表的証候で、いらいら、怒りっぽい、胸脇脹痛、乳房脹痛、下腹部の脹痛など。
気逆 気の昇降機能の異常で、気の上逆の証候。
咳喘、しゃっくり、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、吐血など。

血とは血液のことであり、人体の構成成分を陰陽に分けた時の陰の部分です。 血の具体的な働きは全身に栄養を供給し、潤すことです。
血は、人体構成と生命活動維持の基本物質の一つです。血の足りている人は顔色が良く、 筋肉が充実し、皮膚と毛髪も潤いとつやがあり、視力も良く、肢体の関節活動も機敏です。

血の病証

血虚 体内の血液の不足、ある部分の血液循環機能の減退によって起こる病理変化。
顔色が蒼白く、めまい、動悸、舌唇の色が淡く、不眠、視力減退、四肢のしびれやつっぱり、閉経など。
血淤 血液の流れが滞って血管の局部や臓腑の中に停滞した証候。
淤血局部の刺痛、痛所は固定して移らず、腹内に塊、舌唇は紫暗色、経血は黒い、発狂などの精神異常。
血熱 血分に熱があるか熱毒が血分に侵入した証。
身体熱、口乾、いらいら、不安、各種出血、舌深紅色。
出血 いわゆる出血のこと。原因は色々ある。
血熱出血、気虚出血、血淤出血、外傷出血。

水(津液)

水(津液)とは、人体内の正常な水分のことをいい、各臓腑、組織器官内の液体と正常な分泌物も含みます。
水(津液)は陰に属し、その働きは潤すことで、臓腑、筋肉、毛髪、粘膜を潤し、関節の働きを円滑にするなどの働きをしています。

津液の病証

津液不足 津液が不足することで、傷津ともいいます。
主として口渇、咽乾、唇燥、舌乾少津、皮膚乾燥、下肢軟弱、小便少、大便乾結などがみられます。
高熱によってひき起こされるものは、発熱、いらいら、口渇、舌紅、苔黄などの症状があります。気虚を兼ねている場合、つまり気陰両傷では息切れ、疲労、舌淡歯痕(歯がた)、少苔などがみられます。
このような津液不足は糖尿病によくみられます。
水液内停 臓腑機能の失調によって津液の代謝、排泄に異常をきたし、水液が体内に停留して発病するものです。
水液停留の部位の違いによって異なった証候が発生します。
《金匱要略》では、痰飲(狭義)、支飲、懸飲、溢飲の四種に分け、総合して痰飲(広義)といっています。

痰飲 胃腸に水滞したものを指します。
胃に水滞したものは、動悸、息切れ、めまい、胸脇のはり、背中の冷感、胃中の水声などがみられます。
腸の水滞では、頭のふらつき、よくつばをはき、下腹部の拘急<コウキュウ>(つっぱり)、臍下の動悸、小便不利などがあります。
支飲 胸膈に水飲が停留したものです。
咳、呼吸困難、痰多く薄く泡状、浮腫(主に顔面)、病程長い、寒さにあうと発作、舌淡などの症状があります。
これは現代医学の急・慢性気管支炎、肺気腫などに相当します。
懸飲 痰飲の邪が胸肋に停留したものです。
胸肋痛、咳喘痰多、胸肋脹満、呼吸促迫、舌苔薄白などがみられます。
一般に痰飲より症状が重い。
現代医学の胸膜炎などに相当し、結核性が多いです。
溢飲 四肢の停水です。
身体重痛、四肢浮腫、悪寒無汗、口渇なし、苔白がみられます。
現代医学の急・慢性糸球体腎炎、心不全、浮腫などに相当します。

気・血・津液の相互関係

気と血の関係

気は血を生み、また血液に流れをあたえ、血液が脈管内に流れるのをコントロールし、脈外に流れ出ないようにしています。この種の作用を「気が摂血する」といいます。
気は血液の中に入り、血液の流れにより、身体のすみずみに広がります。
気血の関係を漢方医学では「気は血の統帥、血は気の母」と言っています。

気血の病証

気滞血淤 気が滞ると血の運行ができなくななり、血淤が出現します。
いらいら、胸脇脹痛、乳房脹痛、下腹部淤塊、痛経、閉経、舌紫暗紅などの証がみられます。
気血両虚 気虚と血虚が併存する証です。
息切れ、身体倦怠、自汗、顔面青白いかくすんだ黄色、動悸、不眠などの証があります。
気虚出血 気虚になって気が血を統摂することができなくなって出血します。
血尿、機能性子宮出血、痔出血などの証があります。
気随血脱 大出血時、気が出血に随って脱するという重症です。

気と津液の関係

津液の生成は気の作用によっており、気はまた津液の流れと変化を推進しています。
津液の排泄も気で推進され、津液は気を乗せることができ、気が流れすぎないようにしています。

血と津液の関係

津液と血の源は同じで、潤いと栄養を与える作用があり、津液は血液の重要組成成分でもあります。出血が多いと津液を損傷され、口が渇き、尿が少なくなり、皮膚が乾くなどの現象が出ます。
吐きくだしや、汗をかきすぎるのも津液を消耗し、血の不足を引き起こします。

コメントを残す