黄河文明

黄河文明

・ここでは、中国黄河流域で発掘された新石器時代の遺跡を中心に年代順に記載しました。
・【】内は発掘された場所から考えられる、その文化の発達していた地域です。

年代 文化
地質 考古 西暦
完新世 新石器時代 前期 前半 B.C.7000 裴李崗文化【黄河中流域】

(紀元前7000?~紀元前5000?)

代表遺跡は河南省新鄭県裴李崗。円形・方形の竪穴式住居に暮らし、粟作などの畑作農業が行われていました。艶出しした紅褐色の陶器や磨製石器などを特色とします。

後半 B.C.6000 老官台文化【関中】

(紀元前6000?~紀元前5000?)

代表遺跡は陝西省華県老官台。円形の竪穴式住居に暮らし、粟作などの畑作農業が行われていました。暗紅色の夾砂陶を特色とします。このころ本格的な農耕が始まったとされています。

北辛文化【黄河下流域】

(紀元前6000?~紀元前5000?)

代表遺跡は山東省滕県北辛。黄褐色の陶器を特色とします。

磁山文化【黄河中流域】

(紀元前6000?~紀元前5000?)

代表遺跡は河北省武安県磁山。円形・楕円形の竪穴式住居に暮らし、粟作などの畑作農業が行われていました。紅褐色の夾砂陶を特色とします。

中期 前半 B.C.5000 仰韶文化

(紀元前5000?~紀元前3000?)

1921年、河南省仰韶村で発見された彩陶(赤地に彩色した土器)を特色とする文化。

仰韶文化期の人々は粟・黍を栽培し、豚・犬を飼い、また鹿などの狩猟も行っていました。

主として竪穴住居に住み、集落を形成し、石斧・石包丁などの磨製石器や彩陶を使用していました。

彩陶は薄い赤色の地に赤・白・黒などの色を使用して文様が施されている素焼きの土器で甕・鉢・碗型のものが多く、焼成温度は約1000度位です。

仰韶文化半坡類型【黄河上中流域】

(紀元前5000?~紀元前4800?)

代表遺跡は陝西省西安市半坡。

紅陶が主流。

母系制で、農村の階層化がみられます。

仰韶文化後崗一期類型【黄河上流域】

(紀元前4800?~紀元前4000?)

代表遺跡は河南省安陽市後岡。北辛文化を継承して発展。

仰韶文化廟底溝類型【黄河上中流域】

(紀元前4000?~紀元前3500?)

ろくろの使用が見られます。

後期(紀元前3500年以降)

仰韶文化半坡後期類型【黄河中流域】

仰韶文化西王村類型【黄河上中流域】

仰韶文化大司空類型【黄河上中流域】

仰韶文化秦王塞類型【黄河中流域】

の四種の文化に大別され、このころには貧富の差がみられ、社会の分業・階層化が進みました。

口文化【黄河下流域】

(紀元前4300~紀元前2400)

1959年、山東省寧陽県堡頭村で遺跡が発見され、のちに山東省泰安県大口でも発見されて、こちらが代表遺跡となりました。

前期は紅陶が主流でしたが、後期には黒陶・灰陶が主流となりました。後期の卵殻黒陶の高柄杯は、精巧で美しく、山東龍山文化に受け継がれました。

紅山文化【遼寧省西部・内蒙古東南部・河北省北部】

(紀元前4500~紀元前3000)

彩陶文化の系統で、黒彩土器が発掘されています。

細石器を特徴とし、玉器も出土しています。

後半 B.C.4000
後期 前葉 B.C.3500
中葉 B.C.3000 小河沿文化【内蒙古自治区赤峰市】

1974年、1977年に内蒙古自治区敖漢旗小河沿郷白斯朗営子村と翁牛特旗大南溝村で新石器時代後期の遺跡が発見されました。

出土土器は紅山文化の彩陶系統を継承しており、祭文が記された出土品も見つかっています。

大南溝遺跡では80近い男女の合葬墓が発掘されており、これらは身分階層の違いで分葬されています。

後葉 B.C.2500 龍山文化【黄河下流域】

(紀元前2500?~紀元前2000?)

中国中央研究院歴史語言研究所によって1930年、山東省章丘県龍山鎮で遺跡が発見され、黒陶(黒色土器)や灰陶を特色とする文化の存在が明らかになりました。

黒陶は薄手で精巧に作られた黒色の土器で、製作にはロクロが使用されていました。

鬲(れき、湯をわかしたり、蒸すのに使う)・鼎(てい、物を煮るのに使う)などの三足土器が特徴で、焼成温度は約1000度以上です。

後期には銅器の鋳造もおこなっていました。

このころには農具や農業技術が進歩し、仰韶文化期よりもさらに大きな集落(邑)が形成されるようになりました。

龍山文化は中原龍山文化(陝西龍山文化・晋南予西龍山文化・河南龍山文化)と山東龍山文化とに分かれます。

中原龍山文化は仰韶後期文化を継承し、灰陶が主流。骨を灼いて罅割れを見る占卜もこのころ始まったとされています。

山東龍山文化は大口文化を継承しており、黒陶が主流です。

コメントを残す