甘粛省概要

中国語表記

甘? gānsù

略称

隴 陇 lǒng

省都

蘭洲 兰州 lánzhōu

位置

黄土高原、青蔵高原、内蒙古高原の間に位置している。

面積

39万平方キロメートル

気候

省内全域が乾燥地域で、温度差が大きく、冬と夏が長い。年間平均気温は?0.3度から14.8度。

省内は1.朧南南部亜熱帯湿潤区、2.朧南北部温暖湿潤区、3.朧中南部温帯半湿潤区、4.朧中北部温帯半乾燥区、5.河西北部温帯乾燥区、6.河西西部温帯乾燥区、7.河西何部寒帯半乾燥区、8.甘南寒帯湿潤区の8つの気候区に分かれている。

人口

約2,617万人。回、チベット、トンシャン、ユーグ、ボウナン、蒙古、カザフ、トゥー、サラ、満州などの少数民族が住んでいる。

主な都市

開封市、洛陽市、平頂山市、焦作市、鶴壁市、新郷市、安陽市、濮陽市、許昌市、三門峡市、南陽市など。

概要

農業、牧畜、石油、化学工業などが主要な産業。ウリ科の果物、漢方薬材、毛皮の産地。
省内には歴史古跡が無数にある。

市内には黄河などの河がある。

観光スポット

麦積山石窟、仙人崖、炳霊寺、嘉峪関、敦煌莫高窟などがある。

歴史

200万年前にはこのあたりに「黄河ステロドン」という古生物が生息していた。

5、6000年前には仰韶文化が出現している。

春秋戦国時代には秦と西戎の領土に分断されていた。漢代には涼州、三国時代は雍州地に所属。唐代には三道が置かれた。漢、唐時代にはシルクロードがここを経由していた。

宋代には「西夏」と称し、その中で甘州(今の張掖)と粛州(今の酒泉)に分かれていた。現在の「甘粛」という名前はこの2つから採っている。

明代には陜西省に属したが、清代に「甘粛省」となる。

国境沿いに隴山があるため、略称を「隴」という。

コメントを残す