寧夏回族自治区概要

寧夏回族自治区概要

中国語表記

宁夏回族自治区 nìngxiàhuízúzìzhìqū

略称

寧 宁 nìng

省都

銀川 银川 yínchuān

位置

黄河中域に位置する。東は陝西省、北は内蒙古自治区、南は甘粛省と隣接している。

面積

51,800平方キロメートル

気候

典型的な大陸性気候で、冬は寒さが厳しく、夏は酷暑となる。

人口

約610万人。人口の3分の1を回族が占める。その他満州族等の少数民族が住んでいる。

主な都市

石咀山、固原、中寧など。

概要

中国のイスラム教徒回族の中心地。

枸杞子、毛皮、甘草、髪菜、賀蘭石を寧夏特産の五宝という。

秦代から建設された灌漑水路をもとに銀川平原では米・小麦などが作られている。この豊かな地を『塞北の江南』とも呼ぶ。

市内には黄河などの河がある。

観光スポット

西夏陵、賀蘭山脈の岩画(春秋戦国時代から元代にかけて描かれたもの)

歴史

旧石器時代の遺跡・洞溝遺跡が霊武で発見されている。又、省南部では4000?5000年前の新石器時代の農耕遺跡が発見されている。

春秋戦国時代は羌戎、匈奴が分散して居住していた。

秦代に始皇帝の将軍・蒙恬がオルドス地方から匈奴を追い払い、当時「北地郡」と呼ばれていた寧夏で長城を築いた。この頃、黄河流域で灌漑工事が行われている。

宋代にはタングート族の王である李元昊が西夏王国を築き、この隆盛は200年間続き、最大版図は敦煌に及んだ。

1227年、西夏王国はチンギス・ハンによって滅ぼされ、元王朝が寧夏行省を設置、『寧夏』という名称が登場した。寧夏とは、『西夏平定、永遠の安寧』という意味。

明代には寧夏衛が設置され、清代には甘粛省に属し、1929年、再び寧夏省が設置された。 

共和国建国後は甘粛省に属していたが、1958年に分離した。

コメントを残す