山東省概要

山東省概要

中国語表記

山东 shāndōng

略称

魯 鲁 lǔ

省都

済南 济南 jǐnán

位置

中国華北平原の東部、黄河の下流に位置している。東海と渤海に臨んでいる。

面積

15万平方キロメートル

気候

温帯モンスーン気候に属し、降水期は夏季に集中している。春と秋が短く、冬と夏が長い。年間平均気温は11℃?14℃。洪水などの自然災害が多い。

人口

約9,367万人。回、満族等の少数民族が住んでいる。

主な都市

青島市、東営市、煙台市、済寧市、泰安市、威海市、日照市、徳州市など。

概要

工業、農業ともに比較的発達しており、黄金の貯蔵量が全国トップ。また、石油工業も期待されている。

孔子、孟氏の二代聖人を生んだ儒教の中心地。

もともと山東は太行山脉の東側全域をさしたが、金代以降は行政区域として限定されるようになった。

市内には黄河などの河がある。

観光スポット

泰山、膠東半島の海辺、曲阜の孔府、孔廟、孔林、長清の霊岩寺、梁山、蓬莱閣など。

歴史

春秋時代は斉と魯等の国に所属していたので、そこから魯と言う略称がついた。

秦時代に膠東、済北などの郡を設置。漢代には青州、徐州に分かれ、唐代に入り河南道と河北道に分かれる。

元代では中書省と称し、明代では山東布政使司と呼ばれた。清代に山東省となる。

コメントを残す