四川省概要

四川省概要

中国語表記

sìchuān

略称

川 chuān

省都

成都 chéngdū

位置

中国の西南部、陽子江の上流に位置している。

面積

56万平方キロメートル

気候

東部は亜熱帯湿潤気候に属し、温暖で湿潤、西部高原地域は高度によって、亜熱帯から亜寒帯まで全ての気候帯に属している。東部盆地の年間平均気温は14?19度、1月の平均気温は3?8度、7月の平均気温は29?25度。
西部高原の年間平均気温は8度を下回る。1月の平均気温は-5度、7月の平均気温は10?15度。
四川省南西部山地の年間平均気温は、くぼ地は15?20度、山地は5?15度。1月の平均気温は15度、徳昌以南のくぼ地は10?12度、7月の平均気温は15?26度。

人口

約8,127万人。チベット、回、羌族などの少数民族がすんでいる。

主な都市

自貢市、攀枝花市、瀘州市、徳陽市、綿陽市、内江市、広元市、遂寧市、楽山市、万県市、南充市、宜賓市など。

概要

人口は中国最大で約1億。
 
四川盆地は面積が20万平方キロある、中国の代表的な盆地。亜熱帯性気候で1年中湿潤で曇天が多く、古来からの治水工事のおかげで「天府の国」と呼ばれる穀倉地帯。土壌は赤紫色の砂岩・頁[けつ]岩が主であることから紅色盆地とも呼ばれる。

農業が発達していて、米、麦、綿、絹、茶、油菜、桐油、白蝋などいずれも全国一の生産量を誇る。また、鉄鋼、機械、電器、化学工業などの工業が発達している。

市内には陽子江、嘉陵江、岷江、大渡河、金沙江などの河がある。

観光スポット

長江三峡、峨眉山、青城山、縉雲山、剣門、九寨溝、楽山大仏など。

歴史

春秋、戦国時代は巴国、蜀国に所属。

蜀の名は、戦国時代に秦がこの地に蜀郡を置いたことによる。

三国時代、劉備がここに蜀漢を築き、魏・呉に対抗した。

漢時代には益州に所属、唐代には二道が置かれた。

北宋時代、成都府路、梓州路、利州路、Kui州路を設置して、川峡四路と呼び始めた。ここから四川と言う省名ができた。

明代に四川布政使司が設置され、清代に四川省が制定された。

コメントを残す