新疆ウイグル自治区概要

中国語表記

新疆维吾尔自治区 xīnjiāngwéiwúěrzìzhìqū

略称

新 xīn

省都

烏魯木斉 乌鲁木齐 wūlǔmùqí

位置

中国西北部に位置する。
北東部はモンゴル、西はロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、南西部はアフガニスタン、パキスタン、インドと隣接。

面積

166万平方キロ余りで中国最大。

気候

中国で、最も暑く、最も寒く、最も乾燥し、最も風の強い地域。
冬は?15度前後、夏は40度前後と年間の気温差が大きく、1日の気温差も大体15?16度前後ある。

人口

約2,095万人。ウイグル、カザフ、回、キルギス、蒙古、オロス、シボ、タジク、ウズベク、タタール、満州などの少数民族が住んでいる。

主な都市

トルファン、カシュガル、イーニン、ホータン、ハミ、アクス、クチャ、イリ、ヤルカンド、タシュクルガンなど。

概要

北部には海抜2-3千メートルのアルタイ山脈、中央には海抜3-5千メートルの天山山脈、南部には海抜5-6千メートルの崑崙山脈などがある。中国最大の砂漠タクラマカン砂漠の面積は約32万平方キロ。

オアシス農業や牧畜業の歴史は古い。特産としてトルファン・ブドウ、ハミ瓜、イーニンリンゴなどが知られる。石油、非鉄金属、玉石などの産地でもある。

自治区に居住する主要な民族ウイグル族はトルコ系の部族がアーリア系住民と混血したもの。アルタイ語族チュルク語派に属する。

市内には黄河などの河がある。

観光スポット

高昌古城、火焔山、ベゼクリク千仏洞、サリム湖、世界第2位の高峰K2など

歴史

紀元前5000年ごろから農耕民族が住んでいた。紀元前10?7世紀には灌漑によってオアシスの集落が形成されていた。

古代には西域と呼ばれ、漢代には西域都護府が置かれた。その後突厥が一帯を支配したが、唐代に入り西州を置き安西都護府を設置。宋代は西遼地、元では両行省が置かれた。

清代に入り、伊犂将軍府を設置し、新疆と称した。1884年に正式に省として編入されたので「新しい国土」という意味で新疆と名付けられたが、ウイグル族との軋轢は絶えず、分離独立運動は最近も続いている。

コメントを残す