福建省概要

福建省概要

中国語表記

福建 Fújiàn

略称

閩  mǐn

省都

福州 Fúzhōu

位置

中国東南海辺、東部は台湾海峡を間にして台湾に臨んでいる。

面積

121,400平方キロメートル

気候

亜熱帯海洋性モンスーン気候に属し、年間平均気温は17℃?21℃、一番寒い1月の平均気温は、南東沿海部で10℃?13℃、内陸部山地で5℃?8℃、一番暑い7月の平均気温は26℃?29℃。

人口

約3,581万人。回、苗、満、高山族等の少数民族が住んでいる。

主な都市

厦門市、三明市、蒲田市、泉州市、漳州市、南平市、龍岩市など。

概要

省内は約9割が山地と丘陵になっているので、『東南の山国』と言う別名も付けられている。

華僑のふるさととして、広東省に次いで多くの華僑を送り出している。

山がちで耕地が少なく、多くの人口を抱えていたという事情に加えて、自然災害の発生、海外貿易の発展といったことが、多くの移民を生んだ。

省内は食品、家電、建材、アパレルが盛ん。花崗岩や蛍石、タングステン、タンタルなどの産出量が豊富で、海産物の産出量も多い。ウーロン茶の茶葉は、その殆どが福建省で生産されている。
市内には闽江、九龍などの河がある。

観光スポット

武夷山、厦門鼓浪嶼、太姥山、連江青芝山、泉州清源山、蒲田少林寺などがある。

歴史

秦時代には中郡、漢の初期には越地になっていた。春秋時代は越の支配下にあり、戦国時代には楚の国の領土であった。

漢の時代には楊州会稽郡が置かれるが、三国時代には孫権率いる呉の領土となる。

唐時代に江南道が置かれ、5州にわかれ、そのうちの福州、建州の名前の頭文字を取って福建経略使を設置した。

南宋時代に1府5州2軍を設置していたので、八闽とも呼ばれている。

元時代末期に福建行中書省を設置。清代始めに福建省が制定された。

コメントを残す