黒龍江省概要

中国語表記

?龙江 hēilóngjiāng

略称

黒 hēi

省都

哈爾濱 哈尔滨 hāěrbīn

位置

中国で一番北の省、東北地区の北部に位置、東、北部はロシアと隣接している。

面積

46万平方キロメートル

気候

温帯と寒帯の間の大陸性モンスーン気候で、年平均気温は-6℃?-4℃。気温は南から北へと低くなり、南北の差は8℃。
1月の平均気温は-32℃?-17℃、7月の平均気温は16℃?23℃ぐらい。西北部の気温が一番低く、全省の最低気温記録は-52.3℃(1969年2月13日、漠河)。

人口

約3,824万人。満、朝鮮、モンゴル、回、ダフール、オロチョン、ホジェン、キルギス、エヴェンキなどの少数民族が住んでいる。

主な都市

大慶市、双鴨山市、鶴崗市、佳木斯市、伊春市、牡丹江市、七台河市、黒河市などの市がある。

概要

黒龍江省は中国の主な食糧生産基地、林業基地、石油産地である。もっとも有名なのは大慶石油基地。

省内には自然保護区が多く、丹頂鶴、東北虎、麝香鹿などの珍しい動物の生息地。

黒龍江とその支流である松花江、牡丹江、烏蘇里江、嫩江などの河がある。

観光スポット

五大連池、二龍山風景区、鏡泊湖、興凱湖などがある。

歴史

古代には粛慎地、漢代には夫余地と呼ばれていた。

唐代、省東部は渤海国に属し、遼では「東京」、金では「上京」、元では「遼陽」に属した。元時代は嶺北と遼陽行中書省、明時代は奴尓干都司が設置された。

清代1671年に黒龍江のそばに都市が造られ、黒龍江城と名づけられ、のち、「黒龍江省」となる。

省都の哈尓浜は約100年前、東清鉄道を敷設したロシアが街づくりをした。

コメントを残す