江西省概要

江西省概要

中国語表記

jiāngxī

略称

赣(コウ)gàn

省都

南昌 nánchāng

位置

陽子江の中下流の南岸に位置し、東は浙江省、福建省、南は広東省、西は湖南省、北は湖北省,安徽省と接している。

面積

16.7万平方キロメートル

気候

年間平均気温は約18度。江西省の北東部、北西部および長江沿いの年間平均気温はやや低く、16度?27度。濱湖、江の中下流地区、撫河、袁水地域と江西省南西山間部の年間平均気温は17度?18度。撫州、吉安地区南部と信江中流地域は18度?19度。江西省南部の盆地の年間平均気温は一番高く、19度?20度。

人口

約4,368万人。回、苗族等の少数民族が住んでいる。

主な都市

景徳鎮市、萍郷市、九江市、新余市、鷹潭市など。

概要

略称のは省内最大の河川赣江に由来し,省名の江西は唐代の“江南西道”を縮めたもの。

省北部にある景徳鎮は古代の四大名鎮の一つで陶磁器で有名。

年間を通して比較的暖かく、米や茶、非鉄金属資源なども豊富。木材と竹の生産量は全国一。

省北部にある鄱阳湖(はんようこ)は中国最大の淡水湖。そのかたわらにそびえる廬山(ろざん)は中国有数の景勝地。

市内には陽子江、赣江などの河がある。

観光スポット

廬山、井岡山、三清山、龍虎山など。

歴史

春秋時代から中国東南部の有力要地として発展していた。秦代には九江郡が置かれ、漢代は揚州と呼ばれた。

唐の時代、江南西道の管轄に置かれたので江西と称されるようになった。

省都・南昌は1927年8月1日に中国共産党が武装蜂起した所。

井岡山は毛沢東が「秋収蜂起」を指導し数百の兵士を率いて立てこもり、農村革命の根拠地「中央蘇区」を築いた。

また福建省との境の瑞金(ずいきん)はかつての中央労農政府の所在地。

コメントを残す