中華料理

このカテゴリーは現在再構築中です。旧版の中国料理コンテンツはこちらからご覧いただけます。

中国料理

世界に冠たる中国料理。 中国の魅力の一つはこの美味・珍味にあると言ってもいいかもしれません。 中国料理がこれほどまでに美味しいのは中国人の食にかける長く深いこだわりの歴史があるからです。 2200年前…

緑茶

中国におけるお茶の生産量の80%を占めます。 細かな製造の違いで分類すると、製造の全てを釜の中で行う『炒青緑茶』、ドライヤーを使わず天日干しで乾燥させる『晒青緑茶』、拱焙という方法で乾燥させる『拱青緑…

中国茶の種類

中国茶は、その発酵度合いによって呼び名が変わりますが、それぞれの発酵段階での茶葉の色から名前がつけられています。 分類 発酵 一言 代表銘柄 緑茶 不発酵 中国茶の総生産量の80%が緑茶。 龍井茶・碧…

茶書

茶経 唐代、お茶の神様と呼ばれる陸羽の著書。公元七五八年前後に書かれた、世界最古のお茶の本。 三巻(上、中、下の3巻)十節からなり、植物学、農芸学、生態学、生化学、薬理学、水文学、民俗学、史学、文学、…

中国茶の歴史

中国はお茶の故郷であり、お茶が人々の口に入ったのは、世界最古とされるお茶の神様『陸羽』の著書『茶経』では、紀元前2700年頃までに遡ります。また、神農が茶葉を使って病気を治した、という記述も残っていま…

味と調味料

味 【味道wèidao】 咸 xián 塩からい 甜 tián 甘い 酸 suān 酸っぱい 辣 là 辛い(唐辛子の辛さ) 麻 má しびれる(胡椒の辛さ) 苦 kǔ 苦い 香 xiāng 香ばしい…

調理法

調理法の中で、料理の出来を最も左右するのが加熱方法です。 火の強弱、汁の多少、油の扱い方など、細部にわたってさまざまに分類されています。 加熱方法 【火工 huǒ gōng】 炒 chǎo 強火で炒め…

安徽料理

特徴 長江沿岸、淮河沿岸、徽洲の三地方料理を代表として構成されています。 色取りと素材の持ち味を重視した、脂っこい料理が特徴です。 調理法 遠火焼き、煮込み、煮物 代表料理

湖南料理

特徴 湘江流域、洞庭湖周辺、湖南省西部の山間地帯の料理を代表として発達してきました。 酸味と辛味が強く、燻製肉や油を多く使った料理が特徴です。 調理法 塩漬け肉、魚、燻製、蒸し焼き、蒸し物、煮込み、揚…

浙江料理

特徴 杭州、寧波、紹興、温州などの地方料理を代表として発達してきました。淡白で香りが強く、歯ざわりのよさが特徴です。 浙江は魚や蝦類の産地で、有名な観光名勝地であるため、有名料理も多く、造りも精緻で変…

江蘇料理

特徴 南北朝時代に発祥し、唐宋以降は浙江料理と覇を競って“南方食”の二大大黒柱となりました。蘇州、揚州、南京、鎮江の地方料理を中心に構成されています。 あっさりとした甘味のある塩味が特徴で、素材の味を…